2/28/2016

KPL FUNNELS 6


金型製作に移る前の最終チェック


                                                            type 2 short


                                                                      



2/24/2016

KPL FUNNELS 5


文字や画像は信用しない性格なので..... 耐久性を自分で確認します。

材料のサンプルをもらい、それらをガソリンに漬けて放置、熱をかけてあぶったり、紫外線下に放置。予想出来る全ての条件をテストしていきます。








樹脂なのでカラーバリエーションを増やそうとおもい各色ためしましたが...

安っぽい質感になってしまったり、イメージとちがったり.....

結局シンプルにいくことにしました。

2/23/2016

KPL FUNNELS 4

3Dプリンターで出力してみる。

画面上ではわからなかった部分をチェック中。

装着、走行もできるので各部のチェックには最適です。



自分のイメージと異なったので要改善。納得できるまでひたすらトライ&エラーが
つづきます
















2/20/2016

KPL FUNNELS 3


工程は半分位でしょうか。

これをもとに樹脂での製作をスタートします。

業者さん達との打合せも増えていきます。当然アイデアだけでは商品は産まれません。

そこからのプロセスをへて完成します。





















2/19/2016

KPL FUNNELS 2


取り付けて雰囲気みたりしてみます。



付けたり、外したり何度もしながらいろいろ考えます。









プラの質感がみたくて塗ってみる。ちょうど去年の夏くらいですかね。
とにかく頭の中がいっぱいであせっていた時期でした。










2/18/2016

KPL FUNNELS

KPL S&S E,G用のファンネルの紹介です。

現在4種類のファンネルの製作を進めています。

Eキャブに似合うプラファンネルを創りたい、そんな妄想からはじまった企画でしたが
トライ&エラーを繰り返し何とか形になってきてて3月中旬には試作が出来上がりそうです。

最初にトライしたのがプロトタイプを切削でつくり、それで外観形状や走行性などの確認をすることでした。


夜中にあ〜でもない、こ〜でもないといろいろやりました。




最初の頃は手作業でやってましたが...

最終的にマシニングで削りそれで型を取ろうとゆうことになり、オールマシニングによるsus304の削り出しです。




マイノリティーなパーツです。

いろいろな意見ありますが個人的にはすきです





ただリスクもあります....

ただそれらを理解した上でファンネルを求めている人がいるのも事実。そんな少数派をサポートする目的と、自分の目的のためこの企画がはじまりました。

2/17/2016

KPL PRODUCTS 


主にchopperにむけたパーツの企画、製作をしています。



KPL -ABOUT US-

@kpltakが投稿した写真 -




高品質をモットーにオリジナリティーあるモノ創りを心がけております。


ユーザー様、プロショップ様 ともに御納得していただけるプロダクツを御提供できるよう

に日々精進してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

since 2015

CONTACT
kplp.tak@gmail.com